終活読本ソナエの最新号(Vol.22)が発売されました。

 

(註.本誌表紙の掲載については、出版社の蟷嵯仗景構佝任気鵑竜可を頂いています。)

 

 

【主な内容】

 

〇特集 「おひとりさまの安心終活術」 〜ひとりで葬儀を出す方法〜

  誰しも死後一人で火葬場に行くことはできません。

  また入院するにも病院から「身元保証」を求められます。

  「おひとりさま」は、生前からさまざまな準備が必要です。

  介護が必要になったときの住まいは?

  認知症で判断能力が衰えたときはどうしたら?

  葬儀や納骨、財産の処分は?

  さまざまな疑問にお答えします。

 

〇変わる相続の10のポイント

  この夏、民法をはじめとする相続関連法が改正されました。

  特に主婦にとってお得? な改正です。

  また制約の多かった自筆の遺言についても、規制が緩和されて少し書きやすくなりました。

  ぜひ頭に入れておきたい10のポイントをチェックします。

 

〇最新「おうち供養」事情

  ライフスタイルの洋風化などにより、供養の在り方も大きく変わろうとしています。

  仏壇はリビングにも設置できるよう小型化し、洗練されたデザインに。

  一方、手元に遺骨を置いて、愛する故人を供養する「手元供養」も広がりを見せています。

  遺骨を加工してダイヤモンドなどの「宝石」にすることもできるそうです。

 

 

当職、本誌を次の施設へ寄贈しております。
 ○ 宇部市立図書館
 ○ 学びの森くすのき
 ○ 山陽小野田市立中央図書館
 ○ 山陽小野田市立厚狭図書館

 

※ご興味のある方は、是非、ご覧になられてください。

 

 

では。(^^)


ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の25日(土曜日)、第44回目の終活講座『A菎欧砲靴覆ぐ筝澄戞忰た頼の絆任意後見と家族信託』を開催致しました。

 

前回に引き続き今回も、大変多くの方にご参加頂き、心より御礼申し上げます。 

 

 

 

お役立ちになりましたでしょうか?

 

 

 

相続対策と認知症対策の新しい選択肢である「家族信託」は、特に皆様の反響も大きく、これからの啓蒙活動の励みになります。

 

 

 

さて、お知らせです。

 

約5年間、会場として多世代ふれあいセンター(旧シルバーふれあいセンター)でお世話になっておりましたが、諸事情によりこの度変更に至りました。

 

次回から、ヒストリア宇部(旧宇部銀行館) 宇部市新天町一丁目1番1号で開催します。

 

お間違いのないようお願いします。

 

バスでお越しの方も便利になると思います。

 

 

 

 

 

では。(*^^*)


ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

 

 

 

昨日の19日(日曜日)、第44回目の終活講座『―活のすすめ』・『空き家とお墓の話』を開催致しました。

 

今回は、新しい演題ということもあり、大変多くの方にご参加頂き、初めて第三講座室が「満員御礼」状態となりました。

 

ちなみに、「大入袋」はでません。(笑)

 

 

 

 

暑い中、足をお運び頂き本当にありがとうございました。

 

改めて心より御礼申し上げます。 

 

 

 

お役立ちになりましたでしょうか?

 

 

 

「新しい演題聞きに来たよ!」っとお声をかけて下さる方もいらっしゃり、大変嬉しく思います。

 

 

 

今週の25日(土曜日)も新しい演題、「た頼の絆任意後見と家族信託」のお話を致しますので、更に気合を入れて臨みたいと思います。

 

 

 

 

 

では。(^^ゞ

ホームページ
 http://office-kunihiro.com/