今日の午前中は時間に余裕がありましたので、平日では珍しく(?)朝から更新です。

 

 

 

さて突然ですが、「官報」を日常ご覧になられる方はいらっしゃいますか?

 

 

ちなみに「官報」とは簡単に言うと、法律・政令等の制定・改正の情報や破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものです。

 

官報には破産者の住所氏名、身元不明の死亡者の情報、相続人検索の広告、商業の関係では入札公告、会社の解散・合併広告や決算公告など、様々な情報が載っています。


法律で「新聞か官報で広告すること」と定められている事項も多く、多くの会社は官報で公告しています。

 

 

この「官報」は、国立印刷局が行政機関の休日を除き毎日発行しています。

 

また国立印刷局では、官報の編集、印刷及びインターネット配信を行うとともにその普及に努め、国政上の重要事項を正確かつ確実に伝達・提供しています。

 

官報は、法律、政令、条約等の公布を国民に広く知らせる重要な役割を果たしていると言えます。

 

 

 

その「官報」では、本紙だけでなく号外を発行する場合があります。

 

本日の号外がこちら↓

https://kanpou.npb.go.jp/20161118/20161118g00254/20161118g002540006f.html

 

平成28年度司法書士試験の合格者が広告されています。

 

山口会場からは、4名の方が合格されています。

 

おめでとうございます。

 

 

本年度合格者の最高年齢は、71歳(1名)

当職と同じ昭和38年生まれの合格者は6名

 

毎年思うのですが、「当職もまだ間に合う?」(笑)

 

 

 

 

では。(^^)/

ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする