本日、終活読本の最新号(Vol.17)が発売されました。

(註.本誌表紙の掲載については、出版社の蟷嵯仗景構佝任気鵑竜可を頂いています。)

 

 

 

【今号の主な内容】


◇ 新遺産活用法「遺贈」 節税しながら社会貢献

◇ 松崎しげるさんも補聴器を愛用! 「難聴」徹底解説

◇ 前田忠明さんの臨死体験 「お花畑で亡き兄が手招きを…」

◇ 小林麻央さん 在宅で看取るということ

◇ 新連載 弔問のエチケット 宗派で異なるお焼香

★ 巻頭インタビュー 財前直見さん
  ご先祖さまからいただく「ありがとう」と「おかげさま」の気持ち 

【目次】
■総力特集1 「遺贈」 節税しながら社会貢献
 ・プロローグ ひとりの女性の「思い」が生んだプロジェクト
 ・相続税ショック 基礎控除引き下げであなたも納税者に!?
 ・おひとりさま必読! 相続人がいなければ遺産は国庫に
 ・善意を「かたち」に 遺贈寄付のススメ
 ・社会貢献に邁進する人たち ユニセフ/難民を助ける会 ほか
 ・信頼できる寄付先をアドバイス 日本財団 ほか

■総力特集2 シニア共通の悩み「難聴」
 ・歌手・松崎しげるさんも補聴器を愛用
 ・動脈硬化や糖尿病も難聴の原因に
 ・本人が気をつけるべきこと、周囲が気遣うべきこと
 ・補聴器の素朴な疑問にメーカーがズバリ回答!

■総力特集3 「お迎え」 それは心の救済
 ・芸能レポーター・前田忠明さん、臨死体験を語る
 ・お迎えは死を受け入れるきっかけに− 緩和ケアの現場から
 ・阿弥陀如来のお迎えで極楽浄土へ

■小林麻央さんの旅立ち 最後の時を家族とともに
 ・医師・文筆家 山崎章郎さんに聞く 「在宅の看取りで得られる満足感」
 ・作家/医師 久坂部羊さん寄稿 「がん死の絶望と希望」
 

当職、本誌を次の施設へ寄贈しております。
 ○ 宇部市立図書館
 ○ 学びの森くすのき
 ○ 山陽小野田市立中央図書館
 ○ 山陽小野田市立厚狭図書館

 

 

※ご興味のある方は、是非、ご覧になられてください。

 

 


では。(^^)

ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする