「公証人って?」

 

 

このような純粋なご質問をよく頂きます。

 

仕事柄、普通に用いる呼称ですが、「いざっ、ご説明。」っとなると結構難しい。

 

 

 

 

 

まず、公証人は、国の公務である公証事務を担う公務員である。

 

ちなみに公証事務とは、仝正証書の作成、認証の付与、3猟蠧付の付与の3種類。

 

原則として、判事や検事などを長く務めた法律実務の経験豊かな方で、公募に応じた者の中から、法務大臣が任命する。

 

公務員ですが、国から給与や補助金など一切の金銭的給付を受けず、国が定めた手数料収入によって事務を運営している。

 

手数料制の公務員とも言われている。

 

公証人は、全国で約500名おり、公証人が執務する事務所である公証役場は約300箇所ある。

<以上、日本公証人連合会のホームページより抜粋。>

 

 

 

如何でしょう?  

 

 

 

 

先程、宇部公証役場へお伺いしましたらポスターが新しくなってました。

 

 

 

注目は、『信託』の2文字が堂々初登場です。

 

 

裏面には、宇部公証役場の地図が掲載されていて、これはとっても便利!(*^^*)

 

 

 

 

 

 

では。(^^)/

ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 


 

 

 

コメント
コメントする