終活読本ソナエの最新号(Vol.23)が発売されました。

 

(註.本誌表紙の掲載については、出版社の蟷嵯仗景構佝任気鵑竜可を頂いています。)

 

 

 

【主な内容】

 

第一特集 「50代からの相続税対策」

 

4年前の税制改正で争族税の課税対象者が一挙に2倍に増えて、相続税対策は注目の的です。

 

でも、中途半端な知識で節税対策を始めても、かえって相続をややこしくしただけ?、ということになりかねません。

 

ここでは、「暦年贈与」をはじめ、生命保険や不動産の活用など、さまざまな節税対策について詳細に解説しています。

 

それぞれの対策の「落とし穴」についてもきちんと紹介しています。

 

自分の相続財産に相続税がかかるかどうかの簡易計算マニュアル付きです。

 

  ・知らなきゃ損する「2つの特例」

 

  ・早く始めると得をする「暦年贈与」

 

  ・非課税枠がデカい「生命保険」

 

  ・お墓や仏壇を買えば節税に

 

  ・養子縁組が相続税対策になる!?

 

 

第ニ特集 「家族葬時代の心のケア

 

近年の葬儀は、家族と近しい親族のみで執り行う「家族葬」が主流となり、さらには「一日葬」「直葬」など、葬儀の簡素化が進んでいます。

 

しかし、葬儀は宗教的儀式で亡くなった人を送るというだけでなく、大切な人を亡くした遺族や友人たちの心の癒やしの場でもあったはずです。

 

葬儀が簡素化するにつれて増えている、「お別れ会」の開催や、ウェブ上の追悼サイトなど、遺された人たちが故人を偲び、心の癒やしとなる「新たな場」についてレポートしています。

 

 ・普通の人の「お別れ会」が増えてきた

 

 ・「最後の旅行」がもたらす癒やし

 

 ・インターネットで思い出を共有

 

 ・病院の霊安室や葬儀場の親族控え室が変わる

 

 ・亡き妻が歌う! デジタル技術で「思い出の再生産」

 

 ・葬儀のバリアフリー「ドライブスルー葬儀」

 

 

 

第三特集 「間違いだらけの健康食生活」

 

「大豆イソフラボン」や「アマニ油」は体に良いと言うけれど…、管理栄養士がQ&Aで指導する「健康食の常識」の間違い。

 

 

 

 

当職、本誌を次の施設へ寄贈しております。
 〇 宇部市立図書館
 〇 学びの森くすのき
 〇 山陽小野田市立中央図書館
 〇 山陽小野田市立厚狭図書館

 

※ご興味のある方は、是非、ご覧になられてください。

 

 

 

 

では。(^^)


ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

コメント
コメントする