今回のタイトル「親の“おカネ”が使えない!?」は、そのまま本日4月16日(火)22:00からのNHK「クローズアップ現代+」のタイトルでもあります。

 

 

どうやら、家族信託や成年後見制度が取り上げられる模様です。

 

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4270/index.html

 

 

 

家族信託については、当職も昨年より本格的に取り組み始めました。

 

当職主催の「終活講座」の中でも、受講頂いた方の反響が最も大きい演題です。

 

 

又、成年後見制度については、最高裁判所が次の考え方を示し、家庭裁判所に対して通知したことにより、制度利用が増加するのではないかと期待しています。

 

・後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」

 

・本人の財産から後見人に支払われる報酬を「業務量や難易度に応じた金額にするよう」

 

 

 

人生100年時代!

 

相続対策と同様に、認知症対策も必要な時代になりました。

 

専門家として、「成年後見制度」及び「家族信託」の啓蒙と普及に、より一層真摯に取り組んで参る所存です。

 

 

 

 

では。(^^)/

 

ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

関連する記事
コメント
コメントする