「一切唯心造」とは、

 

 

「すべての現象や存在は自分の心が造り出したもの。」

 

「心のほかに何物も存在しない。」

 

 

という意味でもともとは、5世紀頃に漢訳されたとされる「華厳経」の中にある言葉だそうです。

 

 

 

禅の世界においては、過去と未来は存在せず、ただあるのは『現在』という時間だけ。

 

過ぎ去った過去をあれこれ思い起こすのではなく、

 

未だ来てもいない未来に思いを寄せるでもなく、

 

一生懸命に現在という時間と向き合っていく。

 

 

 

そして、

 

 

幸せは、「なる」もの。

 

ではなく、

 

「感じる」もの。

 

との事。

 

 

 

 

おっしゃる通り。

 

 

 

 

では。(*^^*)
 

ホームページ http://office-kunihiro.com/

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする